2010年11月27日

GoodReaderで日本語縦書きの本を見開きで読む方法

まず Pages Layout の設定で Double Pages にします。

101127a.jpg

すると当然、このようになります。

101127b.jpg

左右逆になってしまっています。

このままで、次に Turn All Pages の設定で Turn Page Upside-Down を選びます。
この設定項目は Pages Layout の設定のアイコンのすぐ左隣のアイコンです。

101127c.jpg

そうすると、このようになります。

101127d.jpg

天地逆さまになってしまいました。

このままiPadをくるりとひっくり返しても、画面の方もくるりとひっくり返ってしまい、やっぱり天地逆さまになってしまいます。

そこで登場するのが、回転ロック機能です。

101127e.jpg

天地逆さまの状態で、回転ロックすれば、iPadをひっくり返したら、ちゃんと読めるようになります。

で、縦書きの本を右から左に向かって読んでいくことができます。
でも、メニューアイコンの類は、逆さまに出ちゃうんですけどね。

101127f.jpg


GoodReaderは縦書きの本を見開きで読めないという意見を見たので、一応、無理をすれば読めないことはないかも、という記事を書いておきます。

という記事を書いたものの、僕はこの方法を使っていません。

僕は、自炊本は主にGoodReaderで読んでますが、もっぱらiPadを縦にしたまま、Single Pageで読んでます。
理由は、見開きで読めるのはせいぜい文庫サイズの本くらいまでで、それより大きい本を見開きにして読むと、文字が小さくて読みにくくなること。そして、文庫本ばかり読むわけじゃないので、Single Pageで読むことに慣れればいいと思い、縦でSingle Pageで読む習慣になりました。

ただ僕は、今のところiPadでは漫画を読んでいないので、見開きで読みたいという欲求が起こってませんが、もし漫画を読むんだったら、上で書いたようなアクロバチックな方法を使ってGoodReaderで読むより、i文庫HDかComicGlassで読むだろうなと思います。


ラベル:iPAD 自炊 GoodReader
posted by いくるみ at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
gucci japan
Posted by 流行 ブランド バッグ at 2013年07月16日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。